/2

森の掟

資料名(E/J)The law of the forest
作者伊藤 嘉英 ITO Yoshihide
制作年2017
設置場所ときわ公園・UBEビエンナーレ彫刻の丘
サイズH230×W500×D170cm
重量300kg
作品解説人類は何か途方もなく間違った方向に向かっているのかも知れない。

そう想う思春期を経て、、今現在もその感覚は変わらずに或る。

森の掟、、、掟に従う、掟を守る、、掟を遂行する、、、掟を生み出す。

掟すら知らないとしたら、間違った方向に向かうのは確実だ。

銅で制作し硫化仕上げのこの作品は、長い年月を掛け緑青が付き始め緑の作品に変化する。

森が包み込むように。

Concept of the artwork

Human beings might be going towards an overwhelmingly wrong direction.

Having spent my adolescence thinking like this, I still have this feeling in me.

The rule of the forest... to follow the rule, to obey the rule... to accomplish the rule... to create a rule.

If we do not even know the rule, it is certain that we go towards a wrong direction.

This sulfurised copper work changes into green over a long period of time by forming patina on the surface - as if a forest covers it over.
資料ID21801
出展第27回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)  宇部興産株式会社賞

PageTop