土の城

資料名(E/J)A castle of clay
作者上條 文穂 KAMIJO Fumiho
制作年2011
設置場所ときわ公園・常盤神社西側
材質テラコッタ
サイズ200×500×90cm
重量8000kg
作品解説【作者コメント】8トン余りの土を積みあげながら、わたしが住む“島の大地”について考えた。土の厚み、時の堆積、物事の成層、いきとし生けるもの。願わくは、やがてこの彫刻も植物の種を宿し大地そのものとならむことを。

I thought about the earth of the island I live on as I was piling up the 8 tons of clay used in this sculpture. Thickness of clay, accumulation of time, stratification, all living things. I hope that this sculpture will host seeds that become plants, and will become part of the earth.
資料ID21682
出展第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)、山口県知事賞(UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)50周年記念特別賞)
旧番号248

PageTop