森に棲む 2010-5

資料名(E/J)live in the forest
作者北沢 努 KITAZAWA Tsutomu
制作年2011
設置場所学びの森くすのき
材質ブロンズ、石
サイズ295cm×320cm×228cm
重量6250kg
作品解説出品作品コンセプト
自分なりのダフネ(体が樹木に変貌した人間)を造形し、人間が自然と共生するイメージを表現しました。人間が動植物のように森林に棲息するイメージで「森に棲む」というタイトルにしました。人間が立つ石の台座は広大な起伏のある大地をイメージしながら造形しました。野外での展示を考慮し、遠方から眺めて人間の形が象徴的に見える「人」という形の枝に人間の頭部を構成してブロンズにしました。

子どもたちへのメッセージ
ブロンズという「きんぞく」でできた彫刻です。十円玉と同じ材料です。彫刻が立っている台は石でできています。この作品は、木にへんしんした人間の形です。森にすんでいる人のようにみえませんか。手はありませんが、ちかいしょうらい、手がのびてでてくるかもしれません。
「きんぞく」でできているので手でさわっても金づちでたたいてもこわれません。さわって形をたしかめてみてください。

I created a Daphne (A nymph who was transformed into a tree) of my own to make a piece that represents humans coexisting with nature. The title “living in the forest” uses imagery of humans inhabiting the forest like animals and plants. The stone pedestal for the standing human was created to depict vast undulating land.
資料ID21681
出展第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)、宇部マテリアルズ賞
旧番号247

PageTop