THE MAN

資料名(E/J)THE MAN
作者Konstantin SELIKHANOV Konstantin SELIKHANOV
制作年2011
設置場所真締川公園東・新川大橋南
サイズ551×131×182cm
重量2320kg
作品解説【作者コメント】私の彫刻は、はかなさ、不安定さ、あるいは皮肉という言葉で表すことができるでしょう。知性とその土台となるものとの矛盾、都市化の象徴。この彫刻は、文明と情報のカオス、その他様々な影響や緊張に対抗するための構造、象徴です。「ザ マン」は、具体的な人というよりも自然的な要素によって成り立っていますが、そこには、人と自然をつなぎたいという願いが込められています。

My sculpture I could characterize by such words - frailty, insecurity, possible even irony.
The symbol of urbanization - discrepancies of the intellect and the base.
This sculpture is a symbol, framework for opposition to chaos of civilizations, information and the other influences and pressures.
"The Man" consists more of the nature than concrete person, but there is desire to conciliate the nature and person.
The structure of the sculpture allows any increase.
資料ID21679
出展第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展) 毎日新聞社賞
旧番号245

PageTop