風の塔 No.10

資料名(E/J)The Tower of the Wind No.10
作者大成 浩 ONARI Hiroshi
制作年1989
設置場所山口宇部空港
材質石(花崗岩)
サイズ400cm×450cm×250cm
重量24000kg
作品解説二枚の巨大な岩板(24トン)が、ちょうど「人」の字形に拝み合いながら互いを支え合っている。簡潔かつ清新なたたずまいで芝生の丘に屹立するようすは、人の世の厳しさ、礼儀正しさ、そして孤独ささえもうかがわせる。2枚の岩は両面ともなめらかに磨かれており、風はその上をすべるように吹き上げられていくだろう。作者は、内外の彫刻シンポジウムの出品者としてばかりでなく指導的な企画者として活躍する人である。

Two gigantic rock plates (24 tons) support each other as if worshipping each other while forming the shape of the letter, “人 (human)”. Standing on a grassy hill, its unpretentious and refreshing appearance seems to represent the harsh, courteous, and solitary aspects of human life. Both the two slabs are smoothly polished on both sides, over which the wind would slide away effortlessly. The sculptor is active not only as a contributor of works to domestic and foreign sculpture symposiums but also as a leading planner of such events.
資料ID21542
出展第13回現代日本彫刻展 毎日新聞社賞
旧番号108

PageTop