再会の門

資料名(E/J)The Gate of the Reunion
作者橋本 省 HASHIMOTO Akira
制作年1982
設置場所恩田運動公園
材質石(赤トラバ-チン)
サイズ420cm×420cm×135cm
作品解説赤いトラバーチン石(大理石)を五層に積み上げた左右対称の門。割りノミ跡をそのまま残した表情が、この門を古風に見せ、歴史をしのばせるような雰囲気を出している。ちょうど宇部市の俵田翁記念体育館前にあって、古代オリンピックの跡地でもあるような、素朴な力強さを誇示するモニュメントである。

The sculpture features a symmetrical gate with five layers of red travertine stones (marbles). The visible chisel marks on the surface create an ancient atmosphere, like a nostalgic remnant of the past. The piece, placed in front of Tawarada Memorial Gymnasium of Ube City, exudes rustic strength like a monument marking the site of ancient Olympics.
資料ID21517
出展第8回神戸須磨離宮公園現代彫刻展、宇部市野外彫刻美術館賞
旧番号83

PageTop