炎の踊り

資料名(E/J)Dance of Fire
作者向井 良吉 MUKAI Ryokichi
制作年1981
設置場所ときわミュージアム
材質真鋳
サイズ150cm×70cm×55cm
作品解説シワの寄った金属の波面と、枯木を思わす大小の枝の組み合わせである。めらめらと燃え立つ炎を造形化するとこんなふうにとらえられるのだろうか。断片を総合しながらある大きな表現をとらえようとするこの作家の作風やユーモアが、小ぶりな作品の中に厳しく生かされている。

The sculpture is a combination of wrinkled, wavy metal surfaces and branches of various sizes reminiscent of dead trees. It might be a formative expression of a brilliantly burning flame. The sculptor’s signature style and humor to capture larger concepts through the aggregation of fragments are acutely present in this rather small piece of work.
資料ID21516
出展第9回現代日本彫刻展
旧番号82

PageTop