ロッキング・ド-ル

資料名(E/J)Rocking Doll
作者関 正司 SEKI Masashi
制作年1979
設置場所ときわ公園東・梅林付近
材質アルミニウム、ステンレス
サイズ300cm×200cm×200cm
作品解説ボディの部分はすっぽり衣装をまとった抽象形態なのに、顔や頭部は髪も逆立ちして妙に生々しく具体的に表現されていて不思議な雰囲気をかもし出す女人像である。波形にふちどられた裾部は台座から少し持ち上げられていて、ここに風が吹き込むと、底部の球面の曲面がダルマのように重心を移動し、わずかに揺らぐように工夫されている。

The statue of a woman, consisting of a body entirely covered in dress in an abstract shape as opposed to the face and hair, standing upright from the root and strangely lifelike, oozes mystery. The wavy hem of the dress is slightly raised from the pedestal, designed to cause the spherical surface at the bottom to shift weight like a tumble doll and sway the figure slightly.
資料ID21500
出展第8回現代日本彫刻展
旧番号66

PageTop