標的と人

資料名(E/J)Target and Person
作者広井 力 HIROI Tsutomu
制作年1969
設置場所ときわ公園・UBEビエンナーレ彫刻の丘
材質アルミニウム、土
サイズ130cm×360cm×360cm
作品解説二十四枚のアルミ板を地中に傾斜させながら漏斗状に円型に窪ませた作品である。あり地獄?子どもたちはそのまわりを無邪気に走り回ることができるが、さて「標的」とは誰にとっての標的だろうか。人は地の底の危機に気付いているが、しかし、本当の敵は天空に?空にはこの標的を見ているもう一人の誰かがいる。大空と大地の広がりまでも取り込んだ壮大な空間が意識されている。

The piece features tilted 24 aluminum panels forming a circular funnel shape in the ground. Is it an antlion pit? Kids can run around the piece innocently, but whose “target” is it talking about? People may be aware of the crisis underneath, but is there a real enemy somewhere above? Someone else is looking at the target from above. The work incorporates the grand space incorporating the expanse of the sky and the land in its awareness.
資料ID21475
出展第3回現代日本彫刻展、宇部市野外彫刻美術館賞
旧番号41

PageTop