林 皓幹

作家情報名(ヨミ)はやし こうかん
作家情報名(英語)HAYASHI Kōkan
生年月日(西暦)1894
生年月日(和暦)明治27年
没年月日(西暦)1923
没年月日(和暦)大正12年

略歴・解説

御津郡伊島村上伊福(現在の岡山市)に生まれる。本名、虎雄。明治40(1907)年岡山県立岡山中学校に入学。同43(1910)年に3年を終了するが、翌年の卒業を待たずに上京。大日本絵画講習会日本画科、日本美術院日本画科を経て、大正4(1915)年東京美術学校(現在の東京藝術大学)へ入学する。この頃日本画科教官であった松岡映丘の目指した新興大和絵が皓幹に大きな影響を与えたと推測される。同9(1920)年同校を卒業。卒業制作は高い評価を受ける。卒業後は東京府立第五中学校の教師を務めながら画業に励む。同11(1922)年平和記念東京博覧会に源氏物語28段「野分」に取材したであろう《垣間見》が出品される。当時の近代日本画は大きな変革期を迎えており、皓幹も独自の芸術を確立しようと模索していたと思われる。しかし同年体調を損ない、静養のため岡山へ帰郷するも翌年30歳の若さで没する。

この作家情報の作品一覧[全22件]

件ずつ表示

PageTop