朱塗酒器 (婚礼三々九度用)

法量(幅)㎜350
法量(高さ)㎜200
時代昭和(戦後)
和暦昭和30~40年代
主な材質
解説昭和30~40年代、野田市市民会館で結婚式が行われていた頃に使用された。寄贈者の祖父は流山市の神社で神職を勤めており、同館での婚礼を取り仕切ることも多かったという。

PageTop