セオイカゴ

資料名(ヨミ)セオイカゴ
資料総番号追Ⅳ-3-59
大分類民俗
中分類人生儀礼
小分類白山麓西谷の人生儀礼用具
所管小松市立博物館
寸法幅352 高さ394
採集地石川郡鳥越村渡津
制作地石川郡鳥越村渡津
制作者中村加美吉
制作年代昭和14年頃
制作方法秋に今年の新枝を採集し、蒸して皮を剥き四つ割にして中身を取り束ねておき編む時に水につける。底から上の方へと編み、寸法のところで口の耳輪を当て、曲げて折り返して止める。口下3、4寸のところを、細引き縄二巻きして締めて溝を作り完了する。
材質・形状コツラ、ハゼ
使用地石川郡鳥越村渡津
使用年代昭和25年頃まで
使用方法苗床より取った苗を入れて運ぶ他、田畑から取れた物を運び、衣類や弁当も持ち歩くのに使用した。
分布・由来白山麓一帯で広く使用された。
公開解説国指定重要有形民俗文化財『白山麓西谷の人生儀礼用具及び民家』(指定番号00161;昭和58年指定)

PageTop