奥谷1号窯跡出土甕(復元品)【加賀古陶 甕】

資料名(ヨミ)オクダニ1ゴウカマアトシュツドカメ(フクゲンヒン)〔カガコトウカメ〕
資料総番号N・H-42-1a
大分類考古
中分類古代
寸法高473 口径400 底径170 胴径485
所管小松市立博物館
遺跡名奥谷1号窯跡
収集地石川県小松市矢田野町(オクタン)
公開解説二ッ梨オクダニ1号窯跡の発掘調査で出土したもので、加賀古陶創業期のもの。ラッパ状に開く口縁部と輪積成形の技法が見られる事から、常滑焼からの技術導入により窯が開かれたと考えられている。『小松市指定有形文化財』(57号:S.62.11.3指定)

PageTop