水中鍾乳洞の入口

浅間湾屋洞穴

遺産名(ヨミ)アサマワンヤドウケツ
資産概要 島口でウンブキと呼ばれる洞穴。サトウキビ畑の中に大きな口を開けて存在する洞穴で、約400メートル西側で海とつながる水中鍾乳洞/海底洞窟である。サンゴ礁が隆起して雨水などにより鍾乳洞が形成され、さらに沈下もしくは海面上昇により水中に没した洞穴と考えられる。鍾乳洞を形成した淡水の水脈と、海水が混じりあう地価の汽水域、アンキアライン環境がある。夜になるとウンブキアナゴ、リュウグウモエビの一種やカワアナゴの一種など希少な水生生物が見られる。希に、外洋からミナミクロダイが迷い込む。豪雨等で湾屋川が濁ったとき、洞穴内の水が濁ることがある。
 道路を挟んで東側にある洞窟は、島口でコーフキと呼ばれていたが、今ではほとんど忘れられている。島口でウンは海、コーは川、フキは崖もしくは水や潮が吹いているところの意味である。ウンブキとコーフキは、その中ほどに盛土して道路工事が行われる以前は、一体の洞窟だった。海に向かって開口しているウンブキの北側には、真水の流れ込みがあるが、おそらくコーフキからの地下水が今の通じていおり、この洞穴を形成するに至った水脈のひとつと考えられる。
 ほか、地面に多数開いた穴はオカガニによるもので、夜には枯葉などを食べる姿が見られる。近年、アカヒゲ(留鳥)やリュウキュウサンコウチョウ(夏鳥)の繁殖地となっている。6~7月にかけてサクラランが開花し、見ごろとなる。
 子供のころ、ウンブキで遊んだという地元男性の話によると、60年くらい前までは熱帯魚やボラの回遊が見られ、それらを釣って遊んだり、磯で釣ってきた熱帯魚をウンブキへ放流したりしていたという。現在より、水中鍾乳洞への海水の出入りがスムーズだったのは、周辺からの土壌が流入が少なく、水没している洞窟内の空間が広かったとためと思われる。

PageTop