茂木佐平治家稲荷神社鬼板とヒレの型板

法量(幅)㎜鬼板部:240 ヒレ部:590
法量(高さ)㎜鬼板部:355 ヒレ部:270
時代大正
和暦大正初期
主な材質
解説立川流宮大工佐藤庄助則久・里次則壮関係資料。茂木佐平治家稲荷神社(現・茂木佐公園内)の向拝上部に設置された銅板の鬼板とヒレの型板。左右対称の型は半分だけ作り、反転して使用した。型を作るところまでが棟梁の仕事であり、その型を職人に渡して実際の製作にあたらせた。

PageTop