清浄寺おもく堂 二軒扇垂木の型

法量(幅)㎜670
法量(高さ)㎜580
時代明治
和暦明治40年頃
主な材質
解説立川流宮大工佐藤庄助則久・里次則壮関係資料。おもく堂は醤油醸造家・茂木佐平治家の依頼で野田に建てられ、後に埼玉県吉川市の清浄寺に移築された。上下2段の垂木が平行ではなく扇状に広がっている。扇垂木の技法は非常に複雑で高度な技術で、佐藤親子の携わった建物でも唯一のもの。

PageTop