DO NOT POP ! *drawing

ArtistJohn Dave CIELO ジョン デイブ シエロ John Dave CIELO
ExhibitionThe 28th UBE Biennale
Year2018
Concept子どもの意識はいつも好奇心とおどろきに満ち溢れている。彼らの途方もなく非現実的な意見を、疲れ切った私たち大人は「ばかばかしい」と退けがちだ。しかし一方で、こうした子どもの無垢、脆い純真さが、私たちに遠く過ぎ去った子供時代への郷愁を掻き立てる。
子どもは、自分自身も持っていた無垢が移ろいゆくものであることに気づかせてくれる。成長の過程で、こうした幼さがいつの間にか姿を消していったことを教えてくれる。年をとればとるほど、失われた無垢な時代を回顧する瞬間は愛おしいものになる。
「Do Not Pop!(はじけないで!)」と題された本作品は、かなえられなかった子ども時代の願いを追体験することを意図した。草原や教室でシャボン玉を吹いて遊ぶ人を見ると、そこにはいつもシャボン玉が割れることなく空間を埋め尽くせばよいのに、という儚い望みを感じる。しかし物理法則は、そのような夢を許さない。
中が空洞のガラス球を使って、壊れない透明な球をガラスの箱に入れていき、シャボン玉がたくさんある状態を体験する。割れないので、儚さもあまり感じない体験。
見る人すべてに子ども時代を思い出してほしいと思い、作った作品。子ども時代の夢を、たった一つだが視覚的に叶えるものとして作成した。
成長は肉体的にも、精神的にも、そして感情的にも非常に負担の大きい作業だ。しかし成長の重圧にさいなまれていても、振り返ることができる子ども時代の思い出が私たちを正気に保ってくれる。後で後悔しないよう、子ども時代をたっぷり楽しみ、視覚化する方法を学べば、年をとってもその記憶は心に刻まれ続けるだろう。

A child’s consciousness is always filled with curiosity and wonder. They express the wildest and most unrealistic perspectives that we, jaded adults, tend to brush aside as child’s talk. Conversely, this innocence inherent in their person, pure and can easily be shattered, is what makes our distant childhood as adults nostalgic.

We are reminded by children of the temporariness of our own juvenility. We realize that along the way it just disappeared, completely escaping our notice. As we grow older, any opportunity to relive these lost moments only becomes increasingly blissful.

This piece entitled, ‘’Do Not Pop!’’ stemmed from an unfulfilled childhood sentiment with an intention of reliving it. Often encountering people blowing bubbles in grass fields or classrooms, there is always this futile wish where these bubbles would just fill up the space without popping. The laws of physics however, is in constant disagreement with the notion.

By using hollow glass spheres, solid and stationary transparent spheres can be collected in a glass box to simulate the experience of being in the presence of bubbles. An experience that is a little less fleeting.

For viewers
I am presenting this piece in hopes of rekindling every viewer’s childhood. I offer it as visual evidence of the fulfillment of at least just one wish.

For children
Growing up can be really taxing physically, mentally, and emotionally. But amidst this burden, having a childhood to look back on to will keep you sane. Maximize this childhood until you have no regrets and learn to visualize so it stays with you when you’re older.
Document ID21813

PageTop