金魚

分類美術工芸
作者土田麦僊
解説題名のとおり、3匹の金魚のみが描かれています。赤と白と金で金魚の色を表している着色画です。横を向いているものや正面を向いているものなど構図が不規則であり、自由に泳いでいる雰囲気が出ています。また、大きく余白を残し、池や金魚鉢を描いていないため、目の前で実際に泳いでいるかのような臨場感を醸し出しています。

PageTop