耕す

資料名(E/J)Cultivate
作者岡 普司 OKA Shinji
制作年1989
設置場所宇部興産中央病院
材質石(花崗岩)、真鍮、鉄
サイズ120cm×160cm×280cm
重量1800kg
作品解説野外彫刻に3つのタイプがあるとすると、モニュメント型、空間造形型、そしてオブジェ型に分けられる。この「耕す」はオブジェ型の典型で、それ自体で一つの世界(物語)を完結させている。石に支えられた十二本の真鍮の棒の先は、一方が土地を耕すクワとなっており、もう一方の先は植物の芽のかたちをとっている。いわゆる耕作と育成が一個の作品に象徴されているわけである。

Open-air sculptures can be divided into three categories – monument type, spatial formation type, and object type. “Plow” is a typical object-type sculpture, which represents a complete and closed world (story). Each tip of the twelve brass rods supported by a stone takes the shape of a hoe, while the tip of the other end takes the form of a sprout. In short, the artwork singularly represents both the acts of plowing and growing.
資料ID21545
出展第13回現代日本彫刻展
旧番号111

PageTop