正福寺の板碑

正福寺の板碑

西暦年(世紀)・月・日①1248年②年未詳
元号年(時代)・月・日①宝治2年②年未詳
登録・指定登録文化財
種別有形文化財(歴史資料)
ふりがなしょうふくじのいたび
員数2基
所蔵者宗教法人 正福寺
資料所在地墨田2-6-20 正福寺
解説 正福寺の寺域には現在2基の板碑が立てられています。宝治2年(1248)の年紀があり、緑泥片岩製、高さ116cm、幅46cm、厚さ10cmで、区内では随一の丈量を持つものです。主尊種字は阿弥陀で、関東一円の8割の板碑に刻まれるもので、当時の浄土信仰を物語っています。江戸時代に近くの御前栽畑から掘り出され、のち正福寺に移されたといわれていますが、正確な出土地は不詳です。
 いま1基は、上下が欠損し、中央部のみ残った板碑です。三尊の種字が刻まれ、それぞれに蓮華座が配されています。伝来は不明です。

PageTop