右隻

/8

群鶴図屏風

作品名よみぐんかくずびょうぶ
作品名(欧文)Cranes
作者石田幽汀
種別日本画
受入番号495
枝番号0
分類番号J-091
員数6曲1双
形状屏風装
寸法(cm)各156.0×362.6
材質紙本金地着色
材質英文Color on gold-leafed paper, a pair of six-fold screens
制作年(西暦)18世紀
制作年(和暦)江戸時代中期
記銘、年紀(右隻右上・左隻左上) 「法橋幽汀筆」 白文円印『費墨斎』 朱文方印『守直』
受入年度(西暦)1982
受入年度(和暦)S57
受入方法購入
解説六曲一双の大画面に様々な姿態を取る鶴の一群を描く。羽を広げたものや閉じたもの、首をのばしたものや曲げたものなど様々なポーズの鶴が、リズミカルに配置されている。仔細に見ると鶴の羽毛など緻密に描かれており、姿態の把握とともに対象に対する写実的な目がそこには生かされている。また、画面全体には装飾性が色濃くあらわれている。このように写実による堅実な手法によりながらも、華やかな装飾性を具えているのが幽汀の画風の特徴で、本図においてもその特徴がよく示されている。幽汀の画風は琳派の渡辺始興や弟子の円山応挙などと通じるところがあり、江戸中期の京都画壇形成を考える上で興味深い。なお、各隻に「法橋幽汀筆」とあり、幽汀が法橋に叙せられていた時の作であることがわかる。

(当館旧ウェブサイト 作品解説より)

PageTop