布志名焼 色絵秋草図茶碗

TitleTeabowl with autumn plants design in overglaze enamels, Fujina ware
作家/ Artist永原雲永 NAGAHARA Un'ei
制作年江戸時代末期
DateLate Edo period
寸法/ Size (cm)口径11.3 高台径5.4 高9.0
分類工芸
ClassificationCrafts
分類2陶磁
Classification2Ceramics
作品番号/ Accession NumberCRZ0211000
作品解説雲永は、永原家三代目を継いで幕末・明治年間に活躍し、32歳のとき焼物師に取り立てられ家老三谷権太夫から「雲永」の号を受けた。雲永はろくろの名手として知られ幕末から明治という変革の時代にさまざまな作品を遺している。永原窯は四代由五郎が継ぐが明治43年に亡くなり、廃窯となった。
器胎に白化粧を施して色絵を美しく出す方法は、布志名焼を代表する土屋、永原両窯に見られる。この茶碗では口まわりに金彩と色絵で七宝文と亀甲文を交互にめぐらし、胴には色鮮やかな秋草を描き、雅美あふれる作風としている。雲永はほかに仁清写、乾山写の茶碗が知られ京焼の影響が窺われる。
展示室/ Gallery展示室3(工芸)/ Gallery3: Crafts
展示備考出雲の茶道文化 2022年6月1日(水)~7月18日(月・祝)

PageTop