布志名焼 瀬戸写水指

TitleWater jar after a Seto piece, Fujina ware
作家/ Artist土屋雲善 TSUCHIYA Unzen
制作年江戸時代末期
DateLate Edo period
寸法/ Size (cm)口径12.9 高15.0
分類工芸
ClassificationCrafts
分類2陶磁
Classification2Ceramics
作品番号/ Accession NumberCRZ0217000
作品解説柔らかな膨らみを持つ下膨形の胴に、絞り気味の口造りをやや端反りにして砂金袋の器形をとる。鉄釉を基調とし、口辺から胴部にかけて縦横無尽にかけられた褐色釉が文様を作り、端正な器胎に動きと景色を与えている。
底部には貝殻による5つの置き目の跡と、大型の「雲善」瓢形印が押され、布志名焼土屋家二代雲善の作であることがわかる。
土屋家は、初代善四郎芳方の頃より松江藩七代藩主松平不昧の御用窯として、茶陶を中心とした御好物を焼成し、この二代善四郎政芳の時に不昧より「雲善」の号と瓢形印を賜り、その号と印を代々受け継いできた。
小振りな水指だが、粘り気の強い布志名の土を活かした器形や大胆な施釉によって、堂々とした姿をたたえた作品である。

PageTop