豊玉姫

作品名 よみとよたまひめ
TitlePrincess Toyotama
作家/ Artist落合朗風 OCHIAI Rofu
制作年大正10年
Date1921
技法・材質紙本着色
MediumColor on paper
員数屛風(二曲一隻)
Formattwo-panel folding screen
寸法/ Size (cm)154.5×167.0
分類絵画
ClassificationPaintings
分類2日本画
Classification2Japanese-style Paintings
作品番号/ Accession NumberXJZ0117000
作品解説豊玉姫とは、記紀(きき)の海幸山幸物語の中に登場する海の女神である。海中になくした兄の海幸彦の釣り針を探しにヒコホホデミノミコト(山幸彦)は海宮に行く。その際に豊玉姫はミコトを迎えて神婚し、自ら海岸に来て子を産むが、その時ミコトが姫の異形の姿(ワニとも龍ともいわれる)をのぞき見したので、子を残して海に帰ってしまった。その子がウガヤフキアエズノミコトで、のちに神武天皇の父になったとされる。
この作品は、朗風が25歳の時に日本美術院試作展へ出品したもので、海中に佇む豊玉姫を群れ泳ぐ魚と共に描き、朗風独特のモダンな作風が早くも表れている。

PageTop