布志名焼 色絵金彩花鳥文花瓶

TitleBottle with overglaze decoraton of flower and bird, Fujina ware
作家/ Artist作者不詳 Artist Unknown
制作年明治-大正時代
DateMeiji - Taisho period
寸法/ Size (cm)口径9.5胴径24.5高33.0
分類工芸
ClassificationCrafts
分類2陶磁
Classification2Ceramics
作品番号/ Accession NumberCRZ0149000
作品解説明治から大正時代にかけて制作された布志名焼の輸出陶器である。胴部が円形をした扁壺で、肩には2ヵ所耳がつき、底部にも穴が2ヵ所あるので飾り紐を通したのかも知れない。器胎には、布志名焼特有の黄色と緑色の釉薬が掛かる。胴の両面にはそれぞれ梅や楓などの花木、小鳥たちの群れ飛ぶ様子が金彩、色絵で描かれている。頚や肩にかけては菊紋や青海波、七宝繋ぎ文など吉祥文を連ね、一層華やかに器面を飾っている。
側面腰部に朱書銘「大日本京都矢島製」と高台内に「出雲若山」「大」印がある。朱書銘より、海外への輸出を目的に京都の矢島某によって布志名焼製の器胎に上絵付が施されたことがわかる。また「出雲若山」印は、明治10年から約7年間組織されていた「若山陶器会社」で使用され、「大」印は、当時輸出陶器を盛んに手がけていた布志名焼の窯の一つ、灘船木窯の印である。

PageTop