荒木高子

作家名(ヨミ)アラキ タカコ
作家名(英語表記)ARAKI, Takako
生年月日(西暦)1921-
没年月日(西暦)2004

略歴・解説

西宮市に生まれる。華道未生流宗家の家業を継ぎ家元代行を務めたが、1956(昭和31)年大阪で現代美術を専門に扱う白鳳画廊を開設、1960(昭和35)年まで続けた。翌年渡米し、ニューヨーク・アート・スチューデンツ・リーグで彫刻を学び、帰国後は陶芸に取り組んだ。1965(昭和40)年から個展で黒陶を発表し女流陶芸に参加、陶にシルクスクリーンで印刷する方法を考案した。聖書シリーズには1978(昭和53)年から取り組み、1979(昭和54)年の3部作(黄金の聖書、砂の聖書、燃えつきた聖書)が第5回日本陶芸展で最優秀作品賞を受賞した。陶で聖書を形作ることで深い精神性を表現した作品群は、日本のみならず海外でも高い評価を受けている。1981(昭和56)年西宮市民文化賞、1996(平成8)年兵庫県文化賞受賞。1996(平成8)年当館にて「荒木高子展 いきざまを焼く」を開催。

この作家の資料一覧[全11件]

作品名            

PageTop