浦上 玉堂

作家情報名(ヨミ)うらかみ ぎょくどう
作家情報名(英語)URAKAMI Gyokudō
生年月日(西暦)1745
生年月日(和暦)延享2年
没年月日(西暦)1820
没年月日(和暦)文政3年

略歴・解説

玉堂は備前岡山藩支封備中鴨方藩士の子として岡山城下天神山の藩邸内で生まれた。本姓は紀、名は弼、字は君輔、通称は兵右衛門。玉堂の号は、35歳時に入手した七絃琴に刻された印「玉堂清韻」にちなんだもの。琴士、詩人、書家であり、とりわけすぐれた水墨画家であった。画業に関しては、直接的な師承関係は認められず、画譜・画論書類から独学で学んだらしい。50歳で脱藩、出奔し、京都を拠点に諸国を遊歴しながら琴詩書画に親しむ文人生活を送った。専門家・職業画人であることを拒否し、胸中の山水を描き続けた。

この作家情報の作品一覧[全19件]

件ずつ表示

PageTop