頼 山陽

作家情報名(ヨミ)らい さんよう
作家情報名(英語)RAI Sanyo
生年月日(西暦)1780/**/**
生年月日(和暦)安永9年
没年月日(西暦)1832/**/**
没年月日(和暦)天保3年

略歴・解説

江戸時代後期の儒者。名は譲(から言べんをとる)。字は子成。大阪に頼春水の子として生まれる。生後間もなく安芸藩藩儒となった父とともに広島に移る。18歳で江戸に遊学、帰国後鬱病・遊蕩の末、脱藩の罪に問われるが、30歳の時神辺(現広島県神辺町)の菅茶山の塾に入門し、32歳で上京し塾を開く西日本における文人墨客の指導者的役割を果たし、自らも詩・書・画に通じた。またその歴史観は幕末の尊皇攘夷思想に多大な影響を与えた。

この作家情報の作品一覧[全7件]

件ずつ表示

PageTop