平田 郷陽

作家情報名(ヨミ)ひらた ごうよう
作家情報名(英語)HIRATA Gōyō
生年月日(西暦)1903
生年月日(和暦)明治36年
没年月日(西暦)1981
没年月日(和暦)昭和56年

略歴・解説

現在の総社市出身の人形師平田恒次郎(初代郷陽)の長男として東京浅草に生まれる。本名恒雄。父について修業。関東大震災で被災し岡山に疎開中に父を失い、郷陽を襲名した。大正15(1926)年上京、父ゆずりの写実的なマネキンや生き写し人形を制作。昭和2(1927)年米国から贈られた青い眼の人形への答礼作品審査会で第一位を得た。戦前は文展や万国博に出品し、童人舎人形塾を開設して指導にあたった。第二次世界大戦で再び岡山に疎開。戦後は対象をデフォルメした独特な人形を制作し、日展や日本伝統工芸展で活躍した。同30(1955)年国指定重要無形文化財保持者に認定され、翌年、門下生を中心に陽門会を発足、衣装人形の芸術的向上と後継者の養成に尽力した。

この作家情報の作品一覧[全4件]

件ずつ表示

PageTop