上村松園

人物名(ヨミ)ウエムラショウエン
人物名(英語)UEMURA,Shoen

略歴・解説

京都府に生まれる。1887年、京都府画学校入学。鈴木松年の指導を受ける。1888年、松年が同校を退職したことに伴い、共に退学。正式に松年の門に入る。1890年、第三回内国勧業博覧会に《四季美人図》を出品。褒状を受け、英国皇子コンノート殿下の買上げとなる。1893年、松年の許可を得て幸野楳嶺に師事。1895年、楳嶺の死去により竹内栖鳳の門に入る。1890年代は、日本美術協会展などを中心に作品を発表し受賞を重ねる。1900年、パリ万国博覧会に《母子》出品(銅牌)。1907年、新しく開設された第一回文展に《長夜》を出品、三等賞。1941年、帝国芸術院会員に任命。1944年、帝室技芸員となる。1945年以降は、奈良県生駒郡平城の別荘で暮らす。1948年、女性として初の文化勲章受章。1949年8月27日逝去。従四位に叙される。享年75歳。

この作家の資料一覧[全1件]

件ずつ表示

PageTop