丹阿弥丹波子

人物名(ヨミ)タンアミニワコ
人物名(英語)TAN'AMI,Niwako

略歴・解説

東京都に生まれる。父親は、日本画家の丹阿彌岩吉。1994年、文化学院女学部入学。1943年、文化学院閉鎖に伴い、繰上げ卒業。熊岡絵画研究所に入所し、木炭デッサンを学ぶ。1945年、戦争の激化により長野県に疎開。木工所に徴用され、刃物研ぎの技術を習得する。またその間、禅寺・開善寺に通い、木炭デッサンや油絵を描く。1954年、第二十二回独立展にて油彩画《南信風景》が初入選。1956年、ブリヂストン美術館に展示されていた長谷川潔の作品と出会い、衝撃を受ける。1957年、駒井哲郎に師事し、銅版画制作を始める。1958年、第三十五回春陽会に《風》他二点を出品し、初入選。1960年、メゾチントの制作を手掛け始める。1964年、第四十一回春陽会展で春陽展研究賞受賞。1970年、春陽会会員。1996年、第七十三回春陽展で岡鹿之助賞受賞。個展の開催や画集の出版多数。書籍の表紙装画や挿絵などの仕事も多く手掛ける。2017年現在、春陽会会員、日本美術家連盟会員。

この作家の資料一覧[全16件]

PageTop