高尾みつ

人物名(ヨミ)タカオミツ
人物名(英語)TAKAO,Mitsu

略歴・解説

仙台市に生まれる。1951年、女子美術大学芸術学部洋画科に入学。桜井悦、中山巍、森田元子に師事。学外では大沢昌助に終生師事。1954年、第三十九回二科展に出品し、初入選。1955年、同大学を卒業。翌年、同大学の助手となり、のちに専任講師、助教授、教授を務める。1957年、女流画家協会展に初出品。1961年、女流画家協会会員。1965年、第五〇回二科展で特選受賞。1968年、第二十二回女流画家協会展にて女流画家協会賞及びH夫人賞を受賞し、委員に推挙。1976年、二科会を会友で退会。1985年、女子美術大学の海外研究員としてアメリカ、カナダ、ヨーロッパなどの美術学校を中心に回る。2006年、青梅市立美術館にて「高尾みつ展」開催。2017年現在、「自然回帰」をテーマにシリーズとして制作を続けている。女子美術大学名誉教授。

この作家の資料一覧[全3件]

件ずつ表示

PageTop