岡田節子

人物名(ヨミ)オカダセツコ
人物名(英語)OKADA,Setsuko

略歴・解説

宮城県志田郡古川町(現・大崎市)に生まれる。1937年、女子美術専門学校高等科西洋画部卒業。卒業後、岡田三郎助の研究所に入所する。1942年、第十七回国画会展に出品し、初入選。1943年、女流美術家奉公隊の結成に参加。大阪から上京した桜井悦と出会い、共同生活を送るようになる。1947年、女流画家協会の創立に参加。第一回目の展覧会に《森》を出品し、T氏賞を受賞する。1952年、女子美術大学助教授に就任。1971年に教授となる。1955年、留学のため渡仏。桜井悦も同行し、ヨーロッパ各地を取材旅行。1956年、桜井の病のため帰国し、女子美術大学に復職。1957年、東京の求龍堂画廊にて初の個展開催。同年、第十一回女流画家協会展で毎日新聞社賞を受賞する。後進の指導にあたりながら、個展の開催、画集の出版を重ねる。女流画家協会展へは、渡仏期間中を除き、亡くなるまで欠かさず出品した。享年90歳。女子美術大学名誉教授

この作家の資料一覧[全3件]

件ずつ表示

PageTop