北国一覧写

資料ID37707
よみほっこくいちらんうつし
実物・複数別実物
指定なし
解説天保2年(1831)、江戸の町絵師長谷川雪旦の作。奥羽経由で越後を旅した際の画集。新潟の町並みや湊口の風景、松ヶ崎浜村の風景などが描かれる。新潟の旅籠海老屋の画では、宴席・料理・芸妓らの様子が細部まで描写されている。収蔵資料は大正13年(1924)の復刻本。

PageTop