刺し 【stake】

よみさし
資料ID2003
現地名タケサシ
実物・複数別実物
解説俵に納めた米などの品質検査を行うための用具。竹筒状のものの先を斜めにけ削ぎ落とした形をしている。刺しの代表は米刺で、これを米俵に突き刺し、中の米を取り出してその品質鑑定を行う。竹製のものが多いが、木製・鉄製もある。また、麦や豆などの品質検査用の刺しもある。

PageTop