部分縫い 袷裾ふき

部分縫い 袷裾ふき

資料番号301785
資料名(ヨミ)ブブンヌイ アワセスソフキ
寸法(高さ、縦)140.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(幅、横)165.00
寸法(幅、横)単位mm
備考衿下から裾ふきの部分縫いである。裾ふきは、袖ふきより太めの一分幅で出すが、裾袷後のふき部分は約1m40㎝の長さになるため同じ幅で仕立てるには訓練が必要である。また、昔はよく「上手に褄が上げられないと良い妻になれませんよ」と言われたりもした。(『大妻学校の原点-裁縫・手芸 大妻女子大学博物館所蔵品選集2016』)

PageTop