西川茂 NISHIKAWA Shigeru

青花 枇杷鳥文 盤

作品名(よみ)せいか びわとりもん ばん
指定物件重要文化財
時代1明時代
時代2永楽(1403-1424)
景徳鎮窯
高(cm)10.0
口径(cm)50.5
重量(g)4620
コレクション名安宅コレクション
クレジット表記大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
登録番号00560
解説直径50センチを超す稜花形の盤の見込みに、枇杷の実をついばむ鳥の姿を余白をたっぷりととって描いています。鳥は中国名を綬帯鳥(じゅたいちょう)といい、「綬」と「寿」の音が通じることから、長寿を表す文様とされます。枇杷は金色の実をたわわにつけることから、富の象徴の文様です。内外の側面には、石榴、桃、茘枝などの瑞果を描き、口縁部にはそれぞれ宝相華唐草文と波濤文を廻らせています。永楽期の青花の文様表現は、それ以前に比べて洗練され、このように白地を適度に残した絵画的な絵付けが行われるようになりました。
TIFF画像URLhttps://drive.google.com/drive/folders/1_VB1rHe69aZSAyXaMzwcG-O_-OlNWgZV?usp=sharing

PageTop