西川茂

青磁 鳳凰耳花生

作品名(よみ)せいじ ほうおうみみはないけ
指定物件重要文化財
時代1南宋時代
時代213世紀
龍泉窯
高(cm)28.8
径(cm)12.8
重量(g)1332
コレクション名安宅コレクション
クレジット表記大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:西川茂
登録番号00319
作品解説鳳凰をかたどった耳がつく青磁の瓶で、日本では俗に「鳳凰耳花生」と呼ばれています。青磁釉が何層にも厚く掛けられ「粉青色」を呈したこの手のものは、また「砧青磁」とも呼ばれています。鎌倉・室町時代以降、龍泉窯青磁は日本に盛んにもたらされ、伝世している例も多く、この作品も丹波篠山藩主青山家に伝えられたものといわれています。鳳凰耳花生には、和泉市久保惣記念美術館所蔵の国宝「万声」と陽明文庫所蔵の重要文化財「千声」がとくに有名ですが、この作品はその釉色の美しさとバランスのとれた造形から、それらに勝るとも劣らないものといえます。浙江省龍泉窯の南宋の最盛期の製作になるものと思われます。
TIFF画像URLhttps://drive.google.com/drive/folders/1pHgnHUBzuTYokptLDE2pvRtI-qIWqq10?usp=sharing

PageTop