見込み

瑠璃地白花 牡丹文 盤(「大明宣徳年製」銘)

登録番号00727
作品名(よみ)るりじはっか ぼたんもん ばん
時代1明時代
時代2宣徳(1426-1435)
高(cm)7.0
口径(cm)38.7
景徳鎮窯
指定物件重要文化財
コレクション名安宅コレクション
クレジット表記大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:六田知弘
作品解説濃紺の地に白色の文様が美しく映えた、たいへん鮮やかな印象の盤です。見込み中央の牡丹折枝花、内側面の石榴、桃、茘枝などの瑞果、外側面の牡丹唐草などを白泥で表し、地の部分に瑠璃釉を施して焼成したと考えられます。文様の細部にはさらに陰刻が加えられています。瑠璃地に白抜きの文様を表す技法は、既に元時代に先例があり、特にトプカプ宮殿やアルデビル寺院などでの伝世品が知られています。また、景徳鎮市の明代御器廠址から宣徳銘のある同技法の磁器片が出土しています。
重量2,640

PageTop