正面

青磁陽刻 双鶴文 枕

登録番号00399
作品名(よみ)せいじようこく そうかくもん まくら
時代1高麗時代
時代212世紀
高(cm)9.2
コレクション名安宅コレクション
クレジット表記大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:六田知弘
作品解説中央部がややくびれた長方形の枕です。胴面には図案化された双鶴文が陽刻で施されています。こうした枕は、高麗王室の官立宿泊施設である恵陰院跡でいくつも出土例があり、実際に高級日用品として用いられたようです。ところが、このようにもともと枕であった本作が日本に将来された後、片方の側面を四角く削り、穴をあけて、花生として使われました。韓国の新安沖から発見された沈没船(1323年)は、中国を出発して日本へ向かう途中のものでしたが、そこからも、高麗青磁の長方形枕が見つかっており、流通の状況が確認できました。

PageTop