高輪蒸気車往来の図

大分類浮世絵
作者名歌川国政(四代)
製作者・出版者山城屋甚兵衛
制作年月日明治4年 (1871)9月
解説まだまだ江戸時代以来の生活をしていた人々にとって、鉄道開通は驚天動地の出来事でした。これにいち早く商機を見出した版元たちは、浮世絵師たちに鉄道錦絵を描かせました。資料や想像を駆使して、鉄道の開業より前に描かれた作品も多く、本図のように実際に走ったものとは大きく異なる意匠の列車も見られます。
サイズ(cm)25.0×57.0
テーマ鉄道
ポイント高輪築堤
備考UKIYOE展

PageTop