江戸名所 赤羽根 水天宮

大分類浮世絵
作者名歌川広重
製作者・出版者有田屋清右衛門
制作年月日弘化(1844-47)頃
解説古川にかかる、手前の橋は中之橋、画面左の遠い橋は赤羽橋です。現在は古川の上を首都高速道路が走っています。右側は久留米藩有馬家上屋敷の敷地で、右端に水天宮の幟、山上には三丈(約6メートル)の高さを誇った火の見櫓が見えます。左奥は増上寺五重塔(昭和20年の東京大空襲で焼失)の上部が見えています。
サイズ(cm)25.0×37.5
テーマ寺社めぐり
ポイント芝赤羽 水天宮

PageTop