江戸名所之内 芝赤羽根 水天宮

大分類浮世絵
作者名歌川広重
制作年月日天保11年~13年(1840~42)
解説水天宮は有馬中務大輔が久留米から上屋敷内に勧請し、毎月5日に庶民に公開され参詣者で賑わいました。「そうでありまの水天宮」という地口もあったほど、知られる所でしたが、明治4(1881)年に赤坂の旧有馬屋敷に移され、翌年日本橋蛎殻町に移りました。
サイズ(cm)25.5×37.0
テーマ寺社めぐり
ポイント芝赤羽 水天宮

PageTop