貝塚調査ノート:指扇村五味貝戸、カイガチ山貝塚

資料ID23940
資料群名甲野勇氏資料
形態原稿類
年代1928年
時代昭和3年
寸法17×21cm
資料解説1927~1928(昭和2~3)年にかけて、甲野勇が大山史前学研究所の所員らとともに、東京湾岸の貝塚の調査および小発掘を行った際の記録ノート。これらの調査結果は、甲野が1929(昭和4)年3月に『史前学雑誌』第1巻第1号に掲載した「東京付近の貝塚より多く出土する貝類」や、1935(昭和10)年5月に『史前学雑誌』第7巻第3号に掲載した「関東地方に於ける縄文式石器時代の変遷」に活かされた。

調査地:埼玉県指扇村
調査日:1928年5月11日
参加者:大山柏、宮坂、池上啓介(旧姓 廣瀬)、竹下次作(旧姓 中村)、甲野

PageTop