【解説】拾遺和歌集 巻第十四

大分類図書館デジタルライブラリー
中分類その他の勅撰集類
小分類拾遺和歌集 巻第十四
文化財分類 CB図書
資料形式 CBテキストデータベース
+解説拾遺和歌集巻第十四 伝二条為忠筆本 [貴4224]

〈外題〉ナシ
〈内題〉拾遺和謌集巻第十四
〈巻冊〉1巻1軸
〈体裁〉巻子装(冊子改装本)
〈書写年代〉鎌倉時代
〈寸法〉縦15.8糎
〈字高〉14.0糎
〈書入・貼紙〉見返しに極札を貼付
〈奥書〉ナシ
〈蔵書印〉「端居秘笈」
〈解題〉

『拾遺和歌集』は、寛弘二~四年(1005~07)頃に花山院親撰によって成立した第3番目の勅撰和歌集。藤原公任撰『拾遺抄』を増補改訂して成立した。藤原定家以前は『拾遺抄』が、以後は『拾遺和歌集』が尊重された。いわゆる三代集の一つに数えられる。

本書は、北野克氏が所蔵していた巻十四の零本で、すでに氏によって翻刻がなされている(『拾遺集北野本』付録解説。影印されている北野本とは別の本)。

箱書には「二條家為忠筆」(蓋表)とあり、また見返しには「二條家為忠卿〈戀哥四題〉〔「琴山」墨印〕」の極札が添付してあるように、南北朝期に活躍した二条為忠が伝承筆者とされているが、筆跡からしてやや前の鎌倉時代の書写と考えた方がよいだろう。

現装丁は巻子装であるが、本来は冊子装の升型本であったと考えられる。現在は、一紙が縦15.7糎×横14.6~15.2糎となっており、それらに呼び継ぎなどの処理が施されている。

本文は、定家本系統とは違う異本系統で、定家本系統の天福本(天福元年(1233)藤原定家書写)と比べると、異同が多く認められる。重要な伝本の一つに数えられよう。

〈参考〉

・北野克『拾遺集 北野本』(端居書屋 昭和39年)
+登録番号(図書館資料ID)貴3655
資料ID143310
所有者(所蔵者)國學院大學図書館
-143309 37 2020/11/18 r.teshina 【解説】拾遺和歌集 巻第十四 【解説】拾遺和歌集 巻第十四 貴3655 05 006 拾遺和歌集巻第十四 伝二条為忠筆本 [貴4224]

〈外題〉ナシ
〈内題〉拾遺和謌集巻第十四
〈巻冊〉1巻1軸
〈体裁〉巻子装(冊子改装本)
〈書写年代〉鎌倉時代
〈寸法〉縦15.8糎
〈字高〉14.0糎
〈書入・貼紙〉見返しに極札を貼付
〈奥書〉ナシ
〈蔵書印〉「端居秘笈」
〈解題〉

『拾遺和歌集』は、寛弘二~四年(1005~07)頃に花山院親撰によって成立した第3番目の勅撰和歌集。藤原公任撰『拾遺抄』を増補改訂して成立した。藤原定家以前は『拾遺抄』が、以後は『拾遺和歌集』が尊重された。いわゆる三代集の一つに数えられる。

本書は、北野克氏が所蔵していた巻十四の零本で、すでに氏によって翻刻がなされている(『拾遺集北野本』付録解説。影印されている北野本とは別の本)。

箱書には「二條家為忠筆」(蓋表)とあり、また見返しには「二條家為忠卿〈戀哥四題〉〔「琴山」墨印〕」の極札が添付してあるように、南北朝期に活躍した二条為忠が伝承筆者とされているが、筆跡からしてやや前の鎌倉時代の書写と考えた方がよいだろう。

現装丁は巻子装であるが、本来は冊子装の升型本であったと考えられる。現在は、一紙が縦15.7糎×横14.6~15.2糎となっており、それらに呼び継ぎなどの処理が施されている。

本文は、定家本系統とは違う異本系統で、定家本系統の天福本(天福元年(1233)藤原定家書写)と比べると、異同が多く認められる。重要な伝本の一つに数えられよう。

〈参考〉

・北野克『拾遺集 北野本』(端居書屋 昭和39年) 1

PageTop