久野 真

作者名(よみ)くの・しん
生年(西暦)1921
没年(西暦)1998

略歴・解説

1921年、名古屋市に生まれる。1943年、東京高等師範学校芸能科卒業。海軍予備学生として入隊、のちに特別攻撃隊飛行操縦教官。1951年、名古屋市立工芸高等学校教諭。*67年退職。1952年、第16回新制作協会展に出品。*以後出品を重ねる。60年退会。1957年、個展(村松画廊,東京)。1959年、第23回新制作協会展で新作家賞受賞。第11回プレミオ・リソーネ国際美術展(リソーネ美術館,ミラノ)。1961年、現代美術の実験展(国立近代美術館)。個展(東京画廊,東京)。個展(桜画廊,名古屋)。ピッツバーグ国際現代絵画彫刻展(カーネギー・インスティチュート)。*64年も出品。1963年、個展(マクロバート&タナード画廊,ロンドン)。1964年、現代日本絵画展(コーコラン美術館,ワシントン、他)。1965年、新しい日本の絵画・彫刻展(サンフランシスコ美術館、他)。1966年、ジャパン・ソサエティ(ロックフェラー・フォード財団運営)の奨学金でニューヨークに研究滞在。*~67年。1973年、日本現代美術展(ニューサウスウェールズ州立美術館,オーストラリア)。1982年、現代日本美術の展望-油絵展(富山県立近代美術館)。1984年、現代絵画の20年展(群馬県立近代美術館)。1986年、瞑想と戯れの抽象絵画展(奈良県立美術館)。日本現代美術展(台北市立美術館, 台湾)。1998年、久野真・庄司達展-鉄の絵画と布の彫刻(愛知県美術館)。2002年、個展/常設企画(名古屋市美術館)。2013、久野真とその時代展-「あいちトリエンナーレ2013」にむけて-(長久手市文化の家,愛知)。2019、久野真展-Metal Works-(刈谷市美術館,愛知)【2020年3月作成】

この作者の作品一覧[全7件]

件ずつ表示

PageTop