photo: KIOKU Keizo

無題

作家名(日)小西紀行
作家名(英)KONISHI Toshiyuki
制作年2016
素材・技法油彩 / 紙
サイズH39 × W30cm
著作権表示© KONISHI Toshiyuki
収蔵年2017
解説1980年広島県(日本)生まれ、同地在住。

2007年、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。在学中から肖像画の制作に取り組み、その多くは家族写真をもとにしているものの、人種、年齢、性別などが特定できないような独特の表現手法で描かれている。しかしながら、描かれた人たちの見せる仕草は家族の親密さを感じさせるものばかりであり、身内に対してのみ見せる行動や行為そのものが画家の重要なテーマであることが分かる。

小西は、過去に撮影された写真をもとに、自身の家族あるいは身近な人々の姿を描く。非特定性の人物表現からは近しい間柄ゆえの行動や仕草が浮き彫りとなるが、それは核家族化などの影響によって希薄化したとされる現代社会の血縁や地縁について、あらためて我々に目を向けさせるものといえる。朧げな匿名性の高い人物の容貌は、抽象化された記号的な要素によって描かれる。素早く、うねるような筆致で絵具を重ねることによって、そしてまた、その直後に指や布などで大胆に絵具を拭い去ることによって表現されている。平滑で真っ白な紙を支持体とした一連の作品では、その素材の特質を活かしながら縦横無尽に筆を走らせつつも、透明度の高い鮮やかな色彩と暗色との絶妙なコントラストを巧みに操ることによって、モチーフの存在を確固としたものにする絵画空間が構築されている。

PageTop