photo: FUKUNAGA Kazuo

AC-21

作家名(日)KOSUGE1-16
作家名(英)KOSUGE1-16
制作年2008
素材・技法合板、鉄鋼、FRP、金具他
サイズH150×W401.8×D1082cm
著作権表示© KOSUGE1-16
収蔵年2008
受入方法購入
解説土谷享:1977年埼玉県(日本)生まれ、高知県在住。
車田智志乃:1977年福島県(日本)生まれ、高知県在住。
アーティストユニットとして2001年より活動開始。

下町の、互いに助け合う親密な近所付き合いが今も残る東京の小菅(ルビ:こすげ)に住んでいた2人は、日常の身近な環境、現象、人々の繋がりを表現に取り入れた作品を制作している。制作ワークショップと大会の開催等の参加型のプログラムを通じて、鑑賞者が単に見るだけではなく、主体として参加し、様々な人々と出会い、場を共有し、互いに語り支え合う関係性の構築を目指す。さらに、その活動が美術施設の枠組みを超え、身近な場所で実践されることを試みている。

《AC-21》は、テーブル上で遊ぶ2人用のサッカーボードゲームを拡大し、巨大化したものである。棒を動かして選手を操作して遊ぶことができるが、サイズが大きいが故に、ひとりでは全ての選手を操作できず、他の人との連携プレーが必要となる。さらに、棒を動かすには、体全体を使って前後に走り回らなければならない。全体を俯瞰しながら手先で操作するゲームとも、自分自身が動き回る実際のサッカーとも異なる反応や予測、動作が求められる。題名の「AC」は、「アスレチック・クラブ」の頭文字であり、作品を通してクラブ的な環境を生み出すことを目指している。一方的に与えられる参加体験型作品ではなく、人々が自ら制作に参加し、支える美術を目指す作品である。

PageTop