七絶詩書

名称ふりがなしちぜつししょ
大分類書跡
員数1幅
作者祇園南海
材質紙本墨書
付属品檜箱
法量まとめ縦90.4 横24.3
時代江戸
世紀18
時期中期
寄贈・寄託者名和歌山県立博物館
解説 紀州藩の儒官、祇園南海筆の七絶詩書。文面は「風飽清江十幅秋、雲間借問誰家舟、後帆影遂前帆影、一箇能尋范蠡名」とあり、これは『南海先生後集』所載の七絶「帆影、風飽清江十幅秋、雲間借問誰家舟、後帆影遂前帆影、一箇有尋范蠡不」とほぼ同文である。本紙右上隅に「三山峙処」の白文方印、左下隅に「祇園源瑜」の落款、および「源瑜之印」の白文方印と「湘雲主人」の朱文方印が認められる。祇園南海円熟期の筆蹟である。
テーマ

PageTop