泣く女神

TitleWeeping Goddess
作者グレゴリウス・シダルタ・スギジョ
ArtistGregorius Sidharta Soegijo
制作年1977
素材/技法アクリル・木、皮、ほか
サイズ(高×幅×奥行)233×77×41
国名インドネシア
管理番号630
作品解説グレゴリウス・シダルタ・スギジョは、早くから絵画でのキュビスム的な表現を実践し、バンドンでの抽象美術への動きを担い、近代彫刻の開拓者のひとりとしても知られる。しかしその一方で、インドネシア固有の民族的伝統を参照した絵画・彫刻を制作した。彼は1970年代に入って自国の伝統美術の研究を始め、欧米の美術や大衆音楽の流入により伝統が死につつあると感じた。この作品では女神が伝統の死を嘆いており、下方の図案化された炎は外国からの影響を示すという。手のジェスチャーは胸の痛みを示している。顔と胴には伝統的な人形のような平面的・装飾的な様式を用いつつ、写実的な腕に本物の女性の髪を使うという様式的な混合が行なわれているのは、この作家が持つ二面性の現れとして興味深い。

PageTop